失敗を恐れず日々挑戦。成長して次につなげていきたい。

営業技術部
生産技術グループ

立林 尚也NAOYA TATEBAYASHI

2015年入社
広島工業大学工学部 知能機械工学科 出身

やる気があれば必ず成長できる環境。

車が好きだったので、それに関わる仕事がしたいと思い自動車部品メーカーを選びました。住野工業は創業から100年以上の歴史がある会社で、社内の雰囲気も良いと感じたので就職を決めました。入社後、やはり社員みんなが明るく風通しの良い環境だと感じています。当社の仕事はいろいろな部署の協力で成り立っているので、部署を越えて連携を図り、チームが一丸となってプロジェクトに取り組む結束力が魅力です。現在は、ASSY仕様書の作成、量産準備を主に担当しています。ASSY仕様書とは、ものづくりの順番や工程にかかる時間、必要な用具、またその工程で製造できるかをまとめたもので、汎用ラインの一部のツールを変える際に、何をどう変えるか提案する仕事です。どうすれば良品が生産できるのか分からず悩むことも多々ありますが、そんな時は周りの経験豊富な上司や先輩のアドバイスを参考にしています。また、スキルアップのために社外でのセミナーにも参加。会社が積極的に研修の機会を与えてくれるので、多くを学んで今後の仕事に活かすべく知識を広げています。

- 私のプライド -

良いものを作るために挑戦し続ける。

MY PRIDE

私は仕事をする上で、何事にも前向きに、積極的に挑戦することを心がけています。以前、治具のスポット溶接で、溶接のひずみがもとで図面どおりの部品ができず、苦労したことがありました。何度も調べては試すことを繰り返し、最終的には部品を完璧に仕上げることができましたが、なかなか終わりが見えず辛い思いもしました。しかし、立ち止まっていては解決しません。納期もあり、挑戦しなければ成功はあり得ない。まずは行動あるのみ!と考え、失敗を恐れず攻めの姿勢で目の前の仕事に向き合っています。その結果、決められた期日までに納得のいく良い製品を作ることができた時の喜びは、何ものにも代えがたいです。

MY MIND

- 私のマインド -

そこに喜びがあるから、がんばりたいと思える。

新しい工法加工設備を導入した際、安定して良品を生産するのが難しく、心が折れそうになることもありましたが、試行錯誤の末、良品の生産に成功しました。生産に至るまでの苦労が多い分、達成感もひとしおで、だからこそ壁にあたってもまたがんばろうと思えます。また、入社した当初は一つの業務をこなすだけで精一杯でしたが、今では複数の業務を同時に進行できるようになりました。一つひとつできることが増えていくことで、自分の成長を実感しています。今後は業務を確実にこなせるようになり、さらにはグループ内すべての業務に精通し遂行できるようにしていきたいと思っています。

挑戦しなければ成功はあり得ない。まずは行動あるのみ!

営業技術部
生産技術グループ

立林 尚也NAOYA TATEBAYASHI

2015年入社
広島工業大学工学部 知能機械工学科 出身

OTHERS

他の社員インタビューを見る