緊密な連携から生まれる高品質の製品に誇り。

製造部
プレスグループ

樋谷 雅彦MASAHIKO TOITANI

2015年入社
広島県立宮島工業高等学校 機械科 出身

幼い頃の工場見学を原点に、ものづくりの道へ。

小学生の頃、マツダへ工場見学に行き、ものづくりの現場の活気あふれる様子に感動。自分も将来、自動車に関わる仕事に就きたいと思ったのが入社の動機です。高校進学は将来を見据えて機械科を選択し、プレスにも興味を持つようになりました。現在は、高宮工場のプレスグループに所属し、現場のサポートを行っています。鉄板の運搬などプレスの前工程を担い、工場内の段取りを把握して、他のスタッフが作業しやすい現場づくりに努めています。住野工業には、チームで協力し合い生産性を上げるために、お互いに意欲を高めながら働く社風があります。そのため人間関係が緊密で、目標に向かって切磋琢磨しながら努力しているところが魅力だと思います。以前、不具合品を流出させて多くの方々に迷惑をかけてしまった経験があります。不具合品は1個でしたが、わずか1個の不具合品が会社の信頼を傷つけることを痛感しました。以来、上司からアドバイスを受けながら、2度と同じミスを起こさないよう肝に銘じています。

- 私のプライド -

今日より明日、もっと喜ばれる製品づくり。

MY PRIDE

お客様の立場になり、喜んでいただけるような製品づくりを心がけています。そのためには、常に改善点を見つけながら、昨日より今日、今日より明日、もっと優れた製品をお届けできるようにしたいです。スキルを伸ばすためには、上司や先輩の優れたところを見習って行動するようにしています。幸い、身近にお手本とする上司がおり、長い経験に基づいた言動は学ぶべきことが多いです。いずれは自分も、他のスタッフに的確に指示ができる人間になりたいと考えています。今後は技術や知識だけでなく、人間性もより一層、磨いていきたいですね。

MY MIND

- 私のマインド -

プレスの奥深さを知り、やりがいを感じる。

入社当初、プレスは「鉄を曲げるだけ」と思っていました。しかし、穴をあける(ピアス)工程や鉄を切る(トリム)工程など、さまざまなプロセスを経てプレスという技術が成り立っていることを知り、仕事の奥深さを感じました。自分の手でプレスを行い、一つの製品が完成した時の感動は忘れられません。また、自分の意見がしっかり言えるようになったことに成長を感じます。毎日、ミーティングがありますが、若手社員でも意見が言いやすい雰囲気があり、入社当初に比べて積極的に自分の考えを伝えられるようになりました。オフは仕事を持ち込まず、スポーツや料理を楽しむなど、バランスの良い生活を大切にして仕事へのモチベーションを上げています。

昨日より今日、今日より明日、もっと優れた製品を

製造部
プレスグループ

樋谷 雅彦MASAHIKO TOITANI

2015年入社
広島県立宮島工業高等学校 機械科 出身

OTHERS

他の社員インタビューを見る