街を走る自動車に、手がけた製品が機能している喜び。

製造部
本社製造グループ

中野 飛雄伊HYUUI NAKANO

2011年入社
広島県立宮島工業高等学校 機械科 出身

100年以上継続している堅実経営に惹かれて。

幼い頃から自動車が好きで、車に携わる仕事に就きたいと思っていたこと。創業100年以上の歴史があり、堅実な経営をしていることが入社の決め手になりました。入社当初、プレスや溶接は危険な職種というイメージを持っていましたが、安全に作業するためのルールがあり、一人ひとりが理解して作業に取り組んでいる姿を見て、安全教育が徹底されていることを実感。怖さは払しょくされました。塗装の現場で5年間を過ごした後、現在の溶接へ異動。ルールや作業内容が違うので最初は戸惑いましたが、教えられることは必ずメモをとり、1回犯したミスを2回はしないなど自分なりに目標を定め、仕事に慣れるよう努力しました。工業高校出身なので、溶接や旋盤など学んだことが日々の業務はもちろん改善活動にも役立っており、自信につながりました。同じ作業を続けることも多いため、集中力を持続できるよう心がけています。就職は、周りのアドバイスを聞くことも必要ですが、自分の意志を最優先することです。何がやりたいか、どう生きたいかをじっくり考え、後悔しない就職活動を行ってください。

- 私のプライド -

品質と効率を追求し、
誰にも負けない製品づくりを。

MY PRIDE

私たちの作った製品が、自動車の一部として機能していると思う時大きなやりがいを感じます。目に見える部品ではありませんが、ものづくりに関わる者ならではの醍醐味だと思います。仕事をする上で、製品の目視確認は怠らないようにしています。作業は機械が行いますが、最後のチェックは必ず自分の目で行う。それが私のこだわりです。また、ものづくりは、品質同様、効率も追求していかなくてはなりません。効率は稼働率という数字で評価されますが、自分が扱う機械の稼働率は誰にも負けたくないという強い想いがあり、モチベーションの持続につながっています。今後も高品質の製品を、よりスピーディに、より多く製造することを追求していきたいです。

MY MIND

- 私のマインド -

オフが充実してこそ仕事への意欲が高まる。

職場では、日ごろから意識的に他の部署や分野にも興味を持ち、観察するよう心がけています。手を動かしつつ周りの状況もしっかり把握するなど、頭も働かせながら作業することを自分に課しています。これまで塗装、溶接、運搬などを経験してきましたが、さらに知識を身につけ、スキルを上げたいと思います。仕事の意欲を高めるためには、プライベートの充実が欠かせません。休日は、冬期は毎週スノーボードやスキーに出かけ、運動不足解消と気分転換を図っています。オフがあってのオン。オフを思い切り楽しむことで、仕事もがんばれると思います。

徹底した品質、効率の追求が自分の強み

製造部
本社製造グループ

中野 飛雄伊HYUUI NAKANO

2011年入社
広島県立宮島工業高等学校 機械科 出身

OTHERS

他の社員インタビューを見る